看護師不足と託児所

病院の中には託児所が付いているところがあります。潜在看護師の職場復帰を促すことが理由のひとつです。
現在は看護師不足が深刻となっています。その一方で、看護師資格を持っているのに看護師として働いていない「潜在看護師」は60万人以上いるといわれています。
潜在看護師をいかに職場に復帰させるかが、看護師不足の解消の一つの方法です。
出産を終えた元看護師は、復帰を考えても子どものことを考えるとなかなか復帰ができません。ですが、病院に託児所があると子どもをそこに預けて安心して働くことができます。子どもに何かあった時はすぐに病院で手当てしてもらえます。仕事をしている母親にとってこれ以上安心できる託児所は無いでしょう。
託児所を併設した病院がどんどん増えていくことを願いたいところですが、予算的に無理な病院がほとんどでしょう。託児所を作る余裕がある病院は、そんなに多くありません。ですが、託児所があれば、出産を終えた元看護師が安心して職場に復帰できる環境になります。
現在は子どもを保育園や幼稚園に通わせられない待機児童が多いと聞きます。託児所が増えることにより看護師の子どもが待機児童となることが解消され、子育て中の潜在看護師が復帰できるようになるでしょう。

看護師不足の現状と対策
どういった理由で看護師が不足し、どのようにすれば潜在看護師を減らせるかということが詳しく載せてあります。こちらのサイトで紹介されている看護師不足となるいくつもの起因・要因はまだまだ多いのが現状です。これらの状況が改善されることを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です