英語ができれば

グローバル社会になってきて、外国人も日本に数多くいます。
日本にいる外国人がみんな日本語を話せるとは限りません。日本語が話せない、またはあまり上手くない人もいます。また、症状を説明する言葉はとても難しく日本語で表現ができない外国人も多いのではないでしょうか。
病院でも英語が話せるスタッフが多いと外国人にとって助かるでしょう。特に受付や看護師が英語を話せると、外国人もスムーズに病院にかかることができます。もちろん医者も英語が話せると便利です。
日本にいる以上は外国人も日本人と同じように治療を受ける権利があります。ですが、言葉が話せないだけで平等な治療が受けられないのは辛いことです。
しかし「病院、英語」と検索キーワードを入れてインターネットで検索してみると、東京など首都圏で英語対応ができる病院のリストが載っているサイトや、病院でよく使われる英会話が載っているサイト見つけることができます。英語で対応ができる病院が増えると、外国人も病気になった時に不安にならずに済みます。ただ、問題となりそうなところは外国と日本では使える薬が同じではないことです。外国では使える薬でも日本ではまだ使えない薬だってあります。また、日本人と外国人では体の大きさも違いますから薬の効き目も変わってきます。それらにも対応できると本当の意味で外国人を安心させることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です